6/3~武井ファームよりカルチョーフィ(アーティチョーク)入荷&土着品種飲み比べ |  行徳のイタリアンレストラン

6/3~武井ファームよりカルチョーフィ(アーティチョーク)入荷&土着品種飲み比べ2018年06月03日 (日)

6.3~おススメ黒板イタリア土着品種:フィアーノ種飲み比べ今年も入荷アーティチョーク

 


さて今年も契約農家:千葉県松戸の『武井ファーム』より カルチョーフィ(アーティチョーク)が入荷です。


季節毎に美味しさを教えてくれる野菜。

今年も Mr.アーティチョーク こと、武井ファームオーナー武井氏より「『アーティチョーク』届いております。

こちらは和名でいうと「朝鮮あざみ」その花の蕾&花弁の部分を食します。

洋野菜ですが、松戸市の契約農家武井ファームさんは、恐らく、日本での生産量は一番ではないかと思います。

みごとに今年も美味しいく作ってくださいました。

大きな花弁を剥いて剥いて行くと中からほっくりした芯が表れます。そこと、食べられる範囲の花弁をフリットでご提供です。 お芋のようなほっくりした食感と日本の野菜では味わえない柔らかなえぐみがあり、ワインにあいます。


 

<本日のおすすめ黒板より>

 

 

引き続き!!◎岩手大船渡より:殻付き牡蠣が入ってます◎ 大粒です。是非牡蠣好きさん今がチャンスです。

 

 

◎そら豆の冷製ポタージュスープ◎  豆の美味しい季節です。シェフのスープは優しく野菜の旨みを引き出し人気の品です。

 

手打ちパスタ◎オレキエッテ◎?!?! ご存じない方も多いはず。イタリアでは家庭の数zだけパスタがあります。 オレキエッテとは「耳たぶ」を意味し、まさに形は耳たぶです。

具材をからめてサクッとどうぞ。イチオシおしパスタです。


数量限定◎イタリア土着品種:フィアーノ種 飲み比べ(写真)◎

イタリアは主に南の地方中心に栽培されてる品種「フィアーノ」。イタリアでは最も優美なワインを生む白ブドウの一つで、長期熟成もできる葡萄でもあります。

 

今回の飲み比べ

*写真(右)カンパーニャ州は紺碧の海が美しいアマルフィー海岸から内陸に1時間車で走った場所に有りますワイナリー。その場所に特徴は、イルピニア地方と言って森林が多く、標高も高く冷涼であります。

VS

*写真(左)アマルフィー海岸から更に南下した海岸沿いで、サレルノ県カスッテラバーテ。比較的温暖で潮風の影響を大きく受ける場所にワイナリ-はあります。

この2種の飲み比べです。さてさて、どんな違いがありますでしょうか??

ご興味のある方、是非ご一緒に利き酒してみましょう。


 

イタリアンをベースとしております当店ですが、シェフの拘りは「旬の野菜&食材&ワイン」。是非ともこのトライアングルをお楽しみ下さい。

 

 

 


ホームページをご覧いただきありがとうございます。是非、下記リンク先もご覧になってくださいませ。こちらとは、違ったタッチでコンチェルトのあれこれをご紹介しております♪



もう一つののホームページが新たに登場『ヒトサラ』。コンチェルトの拘りが詰まっています。!!

フェイスブック・情報公開中です!!

https://www.facebook.com/WineDiningConcerto

インスタグラムもはじめました!!

写真中心で情報配信中です。是非、フォローをお願い致します

https://www.instagram.com/winedining_concerto/