6/14~おすすめ黒板 & 希少グラッパ入荷 |  行徳のイタリアンレストラン

6/14~おすすめ黒板 & 希少グラッパ入荷2018年06月14日 (木)

6.14~おススメ黒板自家菜園生ハム・アーティチョークで和えたタリアッテレ希少グラッパ

 


遂に当店の自家菜園野菜・初収獲!!完全有機栽培の畑です。葉物のお野菜が沢山と撮れました。写真は畑の様子です。詳細は当店のFacebookにあります是非ご覧ください☆彡


<本日のおすすめ黒板より>

 

 

◎旬の水ナスと『自家菜園野菜』のサラダ◎

ミズミズしさが美味しいです。

 

 

◎賀茂ナスとモッツァレラチーズ、ベーコンオーブン焼◎

夏野菜が盛りです。肉厚の賀茂茄子にトッピング。ワインが進みます。

 

 

(写真)◎生ハム・アーティチョークで和えたタリアテッレ◎

生ハムの塩気と、ほっくりした食感のアーティチョークはシンプルにチーズ、胡椒であえて

出来上がり。タリアッテレでどうぞ。

 

活け:カナダ産オマール海老が残り僅かです◎


◎希少グラッパ入荷(写真)◎

 

写真:この可愛いラベルが特徴 の 『グラッパの伝統的造り手 ロマーノ・レヴィ』レヴィ氏は2008年に亡くなられましたが、生前から彼のもとで共にこのグラッパを造り続けてきた同志が、その蒸留方法を継承し、現在でも『自然炎の直火式蒸留釜、無補糖、無香料』で行っています。その方法とは温度管理が非常に難しく、かなりの経験と技術を必要とします。

 

 

この可愛いラベルはレヴィ氏の手書きラベル。(現在のエチケットはプリントラベルで各アイテムごとに異なる絵柄となっております)季節や彼の気分に応じて様々なデザインがあり、コレクターの心をくすぐります。

 

レヴィ氏のもうひとつの拘りはグラッパは売る為のものでなく、贈るためのものだと。その為全ての工程は手作業で行われ、丁寧に丁寧に作られます。

(以上、正規輸入インポーターより抜粋)

 

 

 

そして、今回ご紹介のアイテムは レヴィ氏が生前最後に仕込まれたプレミアムなグラッパ

Grappa Riserva Paglierina(麦藁色)  2008-2015 (木樽熟成期間) バスバレスコ、ドルチェット・ダルバ、バルベーラ・ダルバの搾りかすを使用。香り、口当たりも大変柔らかいですが、スパイシーな余韻も感じます。ロマーノレヴィのスタンダードグラッパです。

是非、お食事のお後に一杯いかがですか??

 

 

 


イタリアンをベースとしております当店ですが、シェフの拘りは「旬の野菜&食材&ワイン」。是非ともこのトライアングルをお楽しみ下さい。


ホームページをご覧いただきありがとうございます。是非、下記リンク先もご覧になってくださいませ。こちらとは、違ったタッチでコンチェルトのあれこれをご紹介しております♪



もう一つののホームページが新たに登場『ヒトサラ』。コンチェルトの拘りが詰まっています。!!

フェイスブック・情報公開中です!!

https://www.facebook.com/WineDiningConcerto

インスタグラムもはじめました!!

写真中心で情報配信中です。是非、フォローをお願い致します

https://www.instagram.com/winedining_concerto/